スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍋島純米吟醸 山田錦

2018.05.19 22:46|飲食
IMG_2280.jpg
鍋島純米吟醸 山田錦

佐賀県の富久千代酒造のお酒ですね
こちらの最高グレードが2011年のIWCのSAKE部門で頂点になった。
微炭酸でバランスの良い日本酒という印象。
澤屋まつもと辺りに似た感じですね。
こちらは日本酒感が澤屋よりも強い印象です。

GW前に飲み切って今になって書いているので大雑把な印象だけで書きました。
あまり記憶に残っていないということは自分にとって口に合うとも合わないとも言えない味だったのでしょう。
スポンサーサイト

亀泉 純米吟醸原酒 CEL-24

2018.04.03 22:46|飲食
IMG_2251.jpg
ということで今回は亀泉
高知県の亀泉酒造のお酒です。

水は蔵内の水場から使用しているようです。
1635年から使用されている水が未だに枯れないとか。
CEL-24は高知県産の酵母みたいですね。

感想
まず香りはパイナップルですね。とてもフルーティーな香りがします。
見た目は透明で炭酸の気泡がわずかに見えます。
口に含むとそのパイナップルのような味わいと微炭酸が口に広がる。
甘い割にはキレも多少あるので良い感じです。
軽い口当たりですし飲みやすさも随一。
思わず「うまっ」って呟いてしまいましたね。
甘いお酒なので飯に合わせるにはちょっとどうかなという印象です。
これが1600~2000円とかで手に入るという圧倒的コスパ。
花陽浴とか自今もこの系統らしいのですがあの2つ手に入れにくいわプレミアついとるわで中々手に入らないところまで含めるとこいつの存在が知られるのは嫌だしブログで公開するのも躊躇いたくなる。
日本酒好きよりも初心者に勧めたい。

不老泉 山廃仕込 純米吟醸 備前雄町 無濾過生原酒

2018.03.19 23:31|飲食
ということで今回は不老泉。
IMG_2244.jpg
上原酒造
滋賀県高島市のお酒です。

お地蔵さんが出られた蔵内の自噴井戸より命名。

不老泉の特徴は山廃仕込みと全国に2台しかないと言われている木槽を使用した天秤しぼり。
・山廃仕込みは酵母を添加せずに蔵付きの酵母で自然発酵させるというもの。(間違っていたらスマン)
・木槽天秤しぼりは木槽の中に醪の入った袋を詰め込み、石の重を利用して天秤棒と木の甑(こしき)で加圧しながらお酒を搾る製法。
圧搾機械に比べて3日間も搾るのに時間を使いますし85~90%くらいしか搾り切れないとか。
その分雑味は出ないという利点も。


感想
まず色は黄色がかっていていかにも濃い味を連想させる。
口に含むととろみと濃い熟成された味が口に広がる。
最初に甘さがありそれでいてキレ味もあるこれが上原酒造の目指した旨口というやつです。
古酒に印象は近いですね。
味の奥行きは最近の淡麗系には無い武器ですね。
淡麗系よりも濃厚なやつが飲みたいとか別の味を求めている人に勧めたい一本です。
種類も沢山あるので色々なニーズにこたえられる!

澤屋まつもと 守破離 山田錦 純米大吟醸

2018.02.28 15:30|飲食
どうもあみんです。
今回は澤屋まつもと守破離 山田錦 純米大吟醸
IMG_2239.jpg
京都府は有名な日本酒どころ伏見にある松本酒造の一本
京都では有名な酒ではないでしょうか?
兄弟でこの酒造を牽引されていて弟は「醸し人九平治」で有名な萬乗酒造で修業されたという経歴があります。

守破離は物事のスキルを3段階に分けたものってところでしょうか。
守=教えられた形通りに作業ができる。
破=形をより良い形に改善・改良
離=新しい技術の開発
なんかこんな感じですかね。
間違っていたらすみません。
兄弟が守破離を得て至った「澤屋まつもと」みたいなモノなんでしょうかねぇ。

味のほうはどうかという話
九平治がワイングラスで飲みたい酒みたいに言われてますがこの「澤屋まつもと」もそんな印象を受けます。
微炭酸にフルーティーな味で非常に飲みやすい。
飲み方は間違いなく冷やですね。キッチリと冷やしましょう。
値段もミドルグレードで雄町か山田錦で値段は多少違いますが1k~2kくらいでコスパも良いです。
京都のお酒は爽やかな方向性で色々な酒がありますし、まだまだ掘りがいがありますね。

No.6 X-type

2018.01.09 14:00|飲食
普通に更新し忘れていた感じです。
今回飲んだのは新政酒造のNo.6の最高グレードのX-type
IMG_2203.jpg

きょうかい6号という新政酒造発祥の酵母を使用した日本酒です。
協会酵母ってなんや?って話なんですけど日本酒造協会が頒布している酵母です。(モノによっては使用酵母がラベルに書いてますよ見てみてください。)
一番新しいのが1900番台だった気がするので随分と前の酵母ってのがわかりますね。
きょうかい6号は1930年代の酵母です。
1~5号すでに使用されておらずきょうかい6号が最も古い酵母とされています。
精米歩合30%というガチ具合流石は最高グレードやわ・・・。
そして生酒なので要冷蔵に開封後は2日以内で飲み切ったほうが良い。
生酒大好きやけど酒弱いから2日で飲み切れへんのよねぇ・・・。
ほんま悲しい。

色は透明に近くほんの少し黄色い感じ。
口当たりは軽い。
その後は微炭酸を感じるそしてほのかな酸味この酸味は桃のようだと例えられますが確かにそんな印象も。
そして何よりもアルコール臭さが無いんですよ。
常温に近づくと旨味が上乗せ。
あまりの飲みやすさで普段より勢いよくいったから死んじゃいましたね。
アルコール感の強いのが好きな人よりも嫌いな人に飲んでほしい一本でした。
| 2018.06 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

あみん

Author:あみん
ゲームとアニメと競馬好きなやつ
艦これ トラック泊地 ポケモン
ブログ内容は旅行・酒・麺・(ポケモン)中心となっています。
ポケモンとかのリンクは声かけてもらえると嬉しいなぁ

最新記事

twitter

FC2カウンター

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。