スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016 菊花賞を考えてみよう

2016.10.21 02:47|競馬
秋華賞の振り返りから
1着ヴィブロスは連対率トップのロイヤルチャージャー×ニア―ティックの組み合わせ
意外と今回はこの構成が少なくてどうなるかと思っていました王道であると完全に証明した形。
枠はこの5年絡んでなかった4枠でしたが他のデータは理想に近いものがあったので納得ですかね。

2着パールコードは新種牡馬であるヴィクトワールピサであったのでなかなか判断の難しい馬でしたかね。
ネオの産駒自体が0-0-0-2だったので・・・。
ただ枠も脚質も合致してました。

3着のカイザーバルは完全に別の方向を見ていて見落とした1頭でした。
流石にサンデー2頭絡んでいたらミスプロからも来ますよね・・・と
この系統の中でというかサンデー系以外で信頼できる組み合わせであったネイティヴダンサー×ロイヤルチャージャーの組み合わせということや良のほうが強い馬ということを頭の片隅にでも置いていればと後悔してます。

カイザーバルを買ってなかったので外しました。
気を取り直して菊花賞頑張りましょう
2016y10m21d_021058106.jpg

1.脚質
2016y10m19d_100508127.jpg
今までの脚質データで一番尖ってますね。
先行馬を買え!
というより内枠の過去中団差ししている馬買えば自然と前の位置で競馬してくれると思います。

2.枠
2016y10m19d_100553125.jpg
内枠を信じろ!
そういうことです。
7枠も良い感じなのでその辺りの枠も一応見ておいても損はないのかもしれません。
1年に1回のレースの5回分を数字にしただけで当然のように先週みたいなこともあるので兼ね合いが重要です。
枠のデータだけに拘らない!

3.前走着順
2016y10m19d_100637639.jpg
秋華賞と変わらないです。
トライアルメンバー中心に考えてちょっと別路線から握っておくのがベスト。

4.血統
2016y10m19d_100351817.jpg
2016y10m19d_104901731.jpg
2016y10m19d_100808086.jpg
上から過去5年の菊花賞
京都3000~3200
過去5年の菊花賞ニックス
前回と少し変えたことがあってニア―ティック系とネイティヴダンサー系の色を入れ替えました。
ノーダンは青・ミスプロは黄というイメージがなぜか離れないので・・・。

競馬を過去からやっている人はわかると思いますがステゴはゴールドシップ・オルフェーヴル・フェノーメノのみで構成されています。
というわけでロイヤル×トゥルビヨンはステゴマ配合のこと。
これだ!という血統はないです。
強いて言うならロイヤル系は今までのほぼhaloではなくrobertoも構成に入っているということ
だからどうした?と言われてもそれだけとしか言えない。
去年の感じからもう過去の菊花賞の血統なんて役に立つとは思えないしその馬がこの距離をこなせるか・展開はどうかその辺りを精査したほうがいいのかもしれません。

今回はサトノダイヤモンドとディーマジェスティーの取捨が命運を分けそうですね。
紹介したデータ以外にも面白い点があったりするので見比べていって好走データが多い馬はしっかりと馬券に加えていきたいですね。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2018.07 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

あみん

Author:あみん
ゲームとアニメと競馬好きなやつ
艦これ トラック泊地 ポケモン
ブログ内容は旅行・酒・麺・(ポケモン)中心となっています。
ポケモンとかのリンクは声かけてもらえると嬉しいなぁ

最新記事

twitter

FC2カウンター

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。